ロゴ

事故車とは

自動車関係の協議会や協会、連合会が定める規約によると事故などの要因で車にとって大事な部分を損傷し、修復などを行なった車を事故車と指すためドア部分を少し損傷しただけでは事故車とは言いません。骨格部分は、フロントクロスメンバー、フロントインサイドパネル、ピラーを含む8つの部分です。

愛用車を査定してもらうきっかけランキング

お金
no.1

経年劣化でトラブルが多発

車の年式が古くなると、オイル漏れや機能不良等のトラブルが多発します。複数の部位が一度に同時に故障したり、部品によっては修理代が高額になったりすることもあるため、車の買い替えを検討すると同時に愛用者の査定をする人が多いようです。

no.2

事故に遭い修理費用がかさむ

交通事故で車が破損してしまい保険金で修理代が賄えない場合、高額な修理費を自己負担するぐらいなら新しい車を買ったほうが良いと、事故車を査定に出して車代の足しにするケースが多いようです。

no.3

車検切れや車検代の高額化

車検は新車を購入してから3年、それ以降は2年ごとに行わねばなりません。年月ともに劣化する部品も増え車検にかかる費用も上がっていくため、車検の更新が迫ってくるのをきっかけに愛用者を査定してもらう人も多いようです。

廃車にするか悩んだら専門店に相談しよう

事故に遭って大きく破損してしまったり年式が古くなってしまったりした車は、買い取ってもらえるのか廃車にするべきなのか迷ってしまいます。そんな時は、タウのような車買い取り専門店に相談すると、ベストな方法を提案してくれます。専門店に相談すると、ほとんどの場合買取ってもらえることが多いので、買い取ってもらうのは無理だと思っても相談してみるのが賢明です。

下取りと買い取りの違い

下取りは新しい車を買う店に引き取ってもらうこと

下取りは、新しい車を買う店に愛用者を引き取ってもらい、新車の値段から下取り価格を割り引いてもらえるというシステムです。しかし、一般的な買取価格よりも安く引き取られることが多くなります。

買い取りは単に買い取ってもらうこと

買い取りは、新しい車を買う買わないにかかわらず、専門店に買取ってもらうというシステムです。複数の専門店で査定してもらい、最も高いお店で売ることも可能です。人気の車種は高い値が付くこともあります。

事故車を査定に出そう★

車査定時の注意点【事前に知識を備えておこう】

車とバイク

バイク査定やバイク廃車手続きを専門店に依頼する際の注意点

バイク査定やバイク廃車手続きを専門店に依頼する際は、ただ闇雲に利用するのではなく、ある程度の基礎知識を持って利用するのが賢明です。また、1つのお店だけではなく複数のお店で査定してもらい、最も条件の良いところに依頼するようにしましょう。キズやヘコミのあるバイクは、修理してから査定に出すほうがよさそうに感じますが、下手に触らずに査定してもらうのがベターです。確実に直せるものは直したほうが良いものの、高いお金を払って修理するならそのまま査定するのが賢明です。

タウに事故車の買取依頼をしよう☆

広告募集中