ロゴ

不要な車両は査定をしてもらおう

キャンピングカーは広い駐車スペースも必要なうえ、維持費もかかるので不要な車両は専門業者に査定をしてもらうのが賢明です。不動車両でも買取ってもらえることがほとんどなので、まずは査定の申込をしてみると良いでしょう。

中古漁船の査定時に必要な書類

虫眼鏡

仮査定に必要な書類

仮査定の時点では、エンジンの型式、サイズ、馬力、検査機関等、検査の有効期限が記載された船舶検査証書、船の持主や検査番号、船の情報が記載された船舶検査手帳が必要です。また、中古漁船の写真も必要となります。

本査定・売却に必要な書類

船舶検査手帳、船舶検査証のほか、名義人の実印と実印の印鑑証明書、免許証やパスポートなどの身分証明書、船舶を他人に状度したことを証明する譲渡証明書、持ち主の住所などが記載されている登録事項通知書が必要です。

移転した場合や法人であった場合

印鑑証明書の住所が登録した時と変更している場合は住民票の抄本、数回の引越しによって住所が変わった場合は戸籍の附票または住民票の除票、結婚などで苗字が変わり名義変更をはしていなかった場は戸籍抄本または謄本、合法人の場合は法人登記事項証明書が必要になります。

特殊な車両を売ろう【キャンピングカーと中古漁船も売れる】

キャンピングカー

優良な買取店の特徴

埼玉で優良な買取店の特徴は、リサイクル料を掛けずに買取してくれるお店です。一般的に船を処分する場合リサイクル料が必要になりますが、買取ルートの確立されている優良店は、敗戦に近いような船でも買取ってくれます。
また、優良店はどんな大きさの船でも買取ってくれるほか、船舶検査証などが見つからない場合でも引き取ってくれます。書類を作成するのにコストがかかるため買取は難しくなりますが、手数料なしで引き取ってもらうことが可能です。

広告募集中